スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンチョ製作 2014 10 23


dobl-2014-10-21-09.jpg


dobl-2014-10-21-10.jpg


dobl-2014-10-21-12.jpg



にほんブログ村 本流・渓流ルアーフィッシング
にほんブログ村 革・革小物

DOLcraft
fb
mail

スポンサーサイト

2013 03 28



dobl-2013-03-28-01.jpg
切って 漉いて

dobl-2013-03-28-02.jpg
穴を開けて

dobl-2013-03-28-03.jpg
どれが合うか

dobl-2013-03-28-04.jpg
決まったら縫う



にほんブログ村 革・革小物

DOLcraft
fb
mail

コバ磨き 2103 03 24



dobl-2013-03-24-01.jpg

色を挿す場合はありますが
雰囲気が削がれる気がして顔料は使っていません

にほんブログ村 革・革小物

DOLcraft
fb
mail


2012 12 08 四つ編み 六つ編み



ウォレットロープ ネットストリンガーの
四つ編み 六つ編み

dobl2012-12-08-02-08.jpg


革から厚み幅の合う革紐を切り出し 革が弱くならない程度に床面の角を落とします
dobl2012-12-08-02-02.jpg

・・・
dobl2012-12-08-02-09.jpg
内側が角を落としていない革での編みこみ
外側が今回の工程の編みこみ
角を落としていないほうは断面が浮き上がりボコボコしてきてしまいます
・・・

read more...

製作工程03

d2012-03-15-01.jpg
ウォレットロープと


d2012-03-15-02.jpg
ネットコード(ネットストリンガー)

一見同じように見えますが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コード類には芯材を入れています
材は様々ですが このタイプのウォレットコードには
革の丸紐です
d2012-03-15-03.jpg
金具との接点は革一枚というわけではなく
強度が出るように芯材の革紐で支えています
これで伸びが無く強度もあり丸みを帯びた形になります


ネットコードはもう少し手間が掛かっていて
シニューを編みこんだ紐を芯材にしています
d2012-03-15-04.jpg

16本の編みで20mぐらいの糸になります
d2012-03-15-05.jpg
色々と検討したのですが
ネットコードの場合濡れる事が前提となりますので
水を吸ってしまう革紐や麻糸は使わず 水に強くさらにワックスの効いたシニューとしました
丸みと適度な径を出す為この量を編んだ物にしています

縫う前に床は防水加工をしておきます



d2012-03-15-06.jpg
いづれのロープも70cmが基本となります

途中 糸の継ぎ足しを避ける為
d2012-03-15-07.jpg
2m程度の糸で縫い進みます


反対端も同様
d2012-03-15-08.jpg
d2012-03-15-09.jpg
金具部分の負担を内部の材で受けています


d2012-03-15-10.jpg
d2012-03-15-11.jpg
仕上げは縁捻 コバはロウの溶かし込み
ワックス仕上げ

外からの見た目は変わりませんが
内部は別物となっています



一日寝かせ発送させていただきます



にほんブログ村 本流・渓流ルアーフィッシング
にほんブログ村 革・革小物

DOLcraft



製作工程 02

dobl-12-02-27-01.jpg

read more...

製作工程 01

以前の記事と同内容ですが改めて製作工程として


dobl-2011-02-28-01.jpg

パット部3mm+3mmの6mm
ベルトは5mm強のガッチリ仕様
read more...

Profile

D.O.Lcraft

Author:D.O.Lcraft
革で道具入れを作ってます
>>Tumblr<<
>>Facebook<<
>>HP<<

Archive

01  12  11  02  01  11  10  09  06  05  04  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  05  04  03  02  01  10  03  02  01  12  07  06  05  04  08  07  03  01  04  01  12 

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。